プライバシーポリシー

「続行」をクリックすることで、私たちには、お客様に対するメールの送信についての許可が与えられます。 もしもうメールを受け取りたくない場合は、いつでも各メールの最下部でオプトアウトすることができます。

ソフトウェアは、当社のウェブサイトを訪れるすべての個人のプライバシーを尊重します。このプライバシーに関する声明は、The Softwareが所有および運営するWorld Wide Web上のサイトの訪問者が提供する情報のプライバシーを保護するための標準と条件を通知します。このプライバシーに関する声明は、情報収集の慣行と、お客様の情報がどのように使用されるかを通知します。このポリシーは定期的に変更される場合があるため、この情報を確認するために定期的に戻ってきてください。

A. 個人を特定できる情報:

ソフトウェアは通常、ウェブサイトの訪問者に関する特定のデータを収集することがありますが、そのような情報は自発的に提供された場合に限ります。たとえば、当社の訪問者が情報をリクエストしたり、サービスを購入または登録したり、カスタマーサポートの問い合わせチケットを開いたり、雇用の機会に履歴書情報を提供したり、電子メールを送信したりするときです。もちろん、これらの活動のいくつかは情報を提供する必要があります。購入を行ったり、クレジットカードを使用してサービスを支払ったり、履歴書を提出したり、特定の種類の情報をリクエストするときなどです。 The Softwareに個人を識別できる情報をウェブサイトの1つを通じて提供したとき、それはあなたの具体的なリクエストを遂行するために使用されます。ほとんどの場合、The Softwareがこの情報を追加の目的で使用するかどうかを選択する機会が与えられます。 The Softwareは裁量において、あなたのThe Softwareサービスに関するビュレッティンやその他重要な情報を送信する権利を留保します。あなたからの指示がない場合、The Softwareは提供された情報を使用して、The Softwareの家族会社、The Softwareの認可されたエージェント、およびThe Softwareが関係を持つその他の商品およびサービスの提供業者について、あなたに興味を持ってもらえる可能性のある追加のサービスや製品についてお知らせするために使用する場合があります。

これらの資料に示されている例は、収入の約束や保証とは見なされません。収入の可能性は、製品、アイディア、技術、および取り組む努力を行う個人に完全に依存しています。私たちはこれを「一攫千金の計画」として提示しておらず、あなたもそれをそう見るべきではありません。

B. 個人を特定しない(一般的な)情報:

一般的に、ソフトウェアは自動的に一部の一般情報を収集します。一般情報は訪問者の身元を明らかにしません。通常、コンピューターに割り当てられたインターネットアドレス、訪問者の数と頻度、およびThe Softwareサイトの訪問情報を含みます。The Softwareは顧客サービスとウェブサイトの必要性を特定する目的でこの情報を収集しています。これには、特定のテクノロジー、および「クッキー」(The Softwareサービスに関する個別の情報を訪問者に提供するために使用される技術)などが含まれます。The Softwareはこのように収集された情報を個人を特定できる情報と組み合わせることはありません。ブラウザを設定して、クッキーを受け取ったときに通知を受け取り、それを拒否することができます。

C. あなたのソフトウェアホストされたウェブサイト、サーバー、掲示板、フォーラム、サードパーティーサイト:

公共の空間で開示した情報、掲示板、チャットルーム、またはThe Softwareサービスの一環として提供されるウェブサイト上で、その空間を訪れる他の誰にでも利用可能です。 The Softwareは、これらの場所で開示された情報を保護することはできません。さらに、The SoftwareのウェブサイトにはThe Softwareとは関係のない第三者のサイトへのリンクが含まれています。The Softwareはこれらのサイトで開示する可能性がある情報を保護することはできず、訪れるサイトのプライバシーポリシーについて確認することをお勧めします。

D. 例外と制限:

上記にかかわらず、適用法に従い、ソフトウェアは、サービスの利用者が送信した個人情報やプライベートな電子通信を含むコンテンツ、またはその利用者の疑わしい違法行為に関連する捜査において、州、地方、連邦当局と完全に協力し、自社の財産権を保護するための合理的な措置を講じます。このような協力と措置を遂行するため、および適用法に従い、ソフトウェアは個人特定情報を開示する必要がある場合があります。さらに、ソフトウェアは、適用法、規制、または政府の要請を満たすために、コミュニケーションの領域を監視することを選択する場合があります。そのような開示がソフトウェアの運営に必要である場合、またはソフトウェアまたは他者の権利や財産を保護するために必要または適切な場合があります。ソフトウェアの利益の一部の潜在的な売却または譲渡に関連して、ソフトウェアは、情報(名前、住所情報、およびまたはソフトウェアに提供したその他の情報など)を、コミュニケーション製品またはサービスに特化した第三者に売却または譲渡する権利を留保します。また、ソフトウェアが保有し、維持する情報の維持および保護に関する後任者であることに同意し、このポリシーに係る義務に同意することに同意します。